どうして女性は貧血になりやすいのか?

貧血のうち7割をしめるのが鉄欠乏性貧血と言われています。

赤血球(ヘモグロビン)の原料となる鉄が足りないことで起こる鉄欠乏性貧血は、女性では10%、男性では1%ほど。つまり貧血といえば女性。

女性に限った原因と言えませんが、体内で慢性的に出血している場合は、自分が思っているよりも多くの血が失われていることがあります。
例えば胃潰瘍や十二指腸潰瘍、大腸がん、痔など消化管の病気では、自分が気づかないうちに少しずつ出血して血液を失い貧血の原因になります。女性特有の病気として、子宮筋腫などで月経の量が多い場合も同じことがおこります。子宮筋腫の場合、一日2ml の血がなくなると言われています。2ml とは、少ないイメージかもしれませんが、毎日血液を失うことで貧血になるといわれています。

では、どうして女性のほうが貧血になりやすいのでしょうか?

貧血でダルくて疲れやすい方はコレ試してみて!

何となく体がダルくて疲れやすい / 頭痛・めまいがある / 動悸・息切れがある / お肌のハリが無く、血色が悪い。貧血、月経困難、不妊症、更年期障害、子宮筋腫、冷え性などの疾患は、血液成分のアンバランスと循環が悪いことが原因と言われています。それを改善する薬用人参の中で王様と言われ、最も注目されているのが田七人参です。

詳細ページ > 貧血でダルくて疲れやすい方はコレ試してみて!

鉄欠乏性貧血とは?

赤血球は細胞内に血色素(ヘモグロビン;Hb)を含有しており、鉄は血色素を構成する必須成分の一つです。血色素が酸素を結合して運べるのは、鉄の存在があればこそということになります。鉄欠乏性貧血は、その鉄が体内で不足する事により、十分な血色素が生産できなくなり生じる貧血です。赤血球数は、正常域にあることが多いため、赤血球一つ一つに含まれる血色素量は低下します。

詳細ページ > 鉄欠乏性貧血とは?

女性の4割は貧血予備軍

女性の4割は貧血予備軍であると言われています。
貧血予備軍の女性は、ほとんど貧血の自覚症状が無いのです。日本の女性の1割が、実際に貧血の症状で苦しんでおり、血液検査を行うと、女性の半数近くが鉄欠乏性による、貧血の疑いがあります。

詳細ページ > 女性の4割は貧血予備軍

貧血と低血圧は違うのですか?

女性特有の病気としてに多いのが貧血、低血圧です。でも、「貧血と低血圧って何が違うの?」と思われる方のために貧血と低血圧の違いについてご説明いたします。

詳細ページ > 貧血と低血圧は違うのですか?

貧血を予防するには?

貧血を予防するには、貧血の原因をはっきりさせることが大事です。
体内から出血しているために貧血になっている場合、その原因を突き止めないといけません。

詳細ページ > 貧血を予防するには?


PAGE NAVI
BEAUTY > どうして女性は貧血になりやすいのか?




最新の情報

女性はなぜ冷え性になりやすいのか?

BEAUTY > 冷え性 > 女性はなぜ冷え性になりやすいのか? 冷え性は...

続きを読む »


よし 今日は 小林製薬の製品を試してみよう

ピックアップ