女性の4割は貧血予備軍

BEAUTY > どうして女性は貧血になりやすいのか? > 女性の4割は貧血予備軍

女性の4割は貧血予備軍であると言われています。

貧血予備軍の女性は、ほとんど貧血の自覚症状が無いのです。日本の女性の1割が、実際に貧血の症状で苦しんでおり、血液検査を行うと、女性の半数近くが鉄欠乏性による、貧血の疑いがあります。

日本人女性に限らず、海外でも貧血の女性が多く、たくさんの学者によって研究が進んでいます。

海外では貧血に関する資料や文献が沢山あり、改めて驚かされたという、日本人研究者の感想があります。以前は、日本の貧血の研究、調査は、海外よりかなり遅れていて、貧血についてはアメリカの文献を調べる事から、始まったといっても大げさではないのです。

その結果、日本でも貧血のことが数多く取り上げられ、ようやく広く知られるようになりました。「貧血」それは日本だけでなく、世界中の女性の悩みといえるのです。

貧血予備軍とは?

人体は、鉄分が不足してくると内臓に貯えられた貯蔵鉄を取り崩して、貧血にならないようにします。例えば、現金収入が減ってきたら、貯金を引き出すのと同じことです。

実際にこの鉄分(貯蔵鉄)は、体内に予備として蓄えられていますから、多少減っても身体には貧血の症状として、すぐには現れてこないのです。

この貯蔵鉄を少しずつ、取り崩している方が「貧血予備軍」にあたります。

そのようなことから、血液検査をしてようやく自分が、貧血だったとわかる事があります。

そして、貯蔵鉄のストックが無くなった後に、いよいよ血液や筋肉に影響が出てきます。

この場合、貧血の症状がはっきり出てきて、顔から血の気が引く皮膚蒼白や、突然どうきがしたり、少し運動しただけで息が上がってしまう、貧血特有の症状が出てきます。

このように、予備である貯蔵鉄があることによって、なかなか自覚症状が出てこないのが、貧血の正体と言えるのです。


PAGE NAVI
BEAUTY > 女性の4割は貧血予備軍




最新の情報

女性はなぜ冷え性になりやすいのか?

BEAUTY > 冷え性 > 女性はなぜ冷え性になりやすいのか? 冷え性は...

続きを読む »


よし 今日は 小林製薬の製品を試してみよう

ピックアップ