鉄欠乏性貧血とは?

BEAUTY > どうして女性は貧血になりやすいのか? > 鉄欠乏性貧血とは?

赤血球は細胞内に血色素(ヘモグロビン;Hb)を含有しており、鉄は血色素を構成する必須成分の一つです。血色素が酸素を結合して運べるのは、鉄の存在があればこそということになります。

鉄欠乏性貧血は、その鉄が体内で不足する事により、十分な血色素が生産できなくなり生じる貧血です。赤血球数は、正常域にあることが多いため、赤血球一つ一つに含まれる血色素量は低下します。

生殖年齢の女性は、月経により定期的に出血を生じますが、その際、赤血球に含まれる鉄も体外に排出されます。そのため、女性は基本的に鉄分が不足しがちになります。

特に若年女性などが偏食や無理なダイエットによって十分な鉄を摂取していない場合は鉄欠乏性貧血に陥りやすくなります。そのほか、胃潰瘍などの消化管出血が鉄欠乏の原因としてよく認められます。まれに他の悪性腫瘍が原因で慢性的に出血して鉄欠乏性貧血を生じる事もあります。

鉄欠乏性貧血の治療法

鉄欠乏性貧血となった原因疾患がある場合にはそちらの治療も行います。

貧血の程度が重篤で、生命に危険を及ぼす状態でなければ、鉄剤投与(経口、静脈注射)を行います。経口の場合は一緒にビタミンCを摂取すると、鉄の吸収率が僅かに上昇します。

重篤な貧血で生命に危険を及ぼす可能性がある場合は輸血が必要となります。

経口鉄剤は人により胃腸症状などの副作用が強い場合があり、あるいは何らかの原因により経口鉄剤の吸収が悪いと予想される場合(消化管切除後など)は静注が必要ですが、過量の鉄剤投与は鉄沈着を招くことがありますので、投与総量には注意を要します。


PAGE NAVI
BEAUTY > 鉄欠乏性貧血とは?




最新の情報

女性はなぜ冷え性になりやすいのか?

BEAUTY > 冷え性 > 女性はなぜ冷え性になりやすいのか? 冷え性は...

続きを読む »


よし 今日は 小林製薬の製品を試してみよう

ピックアップ