ポテトチップスに含まれるアクリルアミドは癌になるのか?

ポテトチップスは美味しいので毎日食べている方もいらっしゃると思います。ポテトチップスを毎日食べてると太るかもしれませんので・・・

今回は、そんなお話ではありません。寝耳に水です。

内閣府食品安全委員会は、平成26年10月03日 化学物質のアクリルアミドについて「遺伝毒性をもつ発がん物質」との評価案を示しました。

アクリルアミドに対する日本国内での評価は初めてになります。

アクリルアミドの発がん性

2002年4月スウェーデン政府より、ストックホルム大学と共同で行った研究の結果、炭水化物を多く含むイモ等を焼く、または揚げることにより、アクリルアミドが生成されるという発表がありました。アミノ酸の一種であるアスパラギンと還元糖であるグルコースやフルクトースを多く含む食品は、高温で調理した場合にアクリルアミドが生成しやすいと・・・

詳細ページ > アクリルアミドの発がん性

アクリルアミドはどのような食品に含まれているのか

アクリルアミドは、炭水化物を多く含む原材料を高温(120℃以上)で加熱調理した食品に含まれる可能性があることが分かっています。例えば、ポテトチップス、フライドポテトなど、じゃがいもを揚げたスナックや料理、ビスケット、クッキーのように穀類を原材料とする焼き菓子などに、高濃度に含まれていることが報告されています。

詳細ページ > アクリルアミドはどのような食品に含まれているのか

家庭で調理する場合でもアクリルアミドが生成されます。

クリルアミドが含まれている食品は、市販の加工食品だけではありません。アクリルアミドができる仕組みには食品の加熱が関係していることから、家庭で食品を調理する場合にもアクリルアミドが生成する条件がそろえば、アクリルアミドができてしまう可能性があります。

詳細ページ > 家庭で調理する場合でもアクリルアミドが生成されます。

加熱調理のメリットとデメリット

最近はIHが普及してきましたが、料理に火を使う事と過熱するという事に変わりありません。調理の際に火を使うということは当たり前のようですが、加熱調理は、食品を殺菌し保存性を高めたり、おいしくしたりする、人類だけが編み出した素晴らしい技です。

詳細ページ > 加熱調理のメリットとデメリット

アクリルアミドの摂取量は減ってきている

アクリルアミドが危険なのは、細胞中のDNAを傷つけるおそれのある「遺伝毒性をもつ発がん物質」とみられるからです。人類は長年、この「遺伝毒性をもつ発がん物質」アクリルアミドを食べ続けてきています。アクリルアミドを含有する食品を一口食べたら、すぐにがんが発生するという訳ではありません。

詳細ページ > アクリルアミドの摂取量は減ってきている


PAGE NAVI
BEAUTY > ポテトチップスに含まれるアクリルアミドは癌になるのか?




最新の情報

女性はなぜ冷え性になりやすいのか?

BEAUTY > 冷え性 > 女性はなぜ冷え性になりやすいのか? 冷え性は...

続きを読む »


よし 今日は 小林製薬の製品を試してみよう

ピックアップ