コーヒーを飲むと寿命が縮むのか?

55歳未満でコーヒーを毎日4杯以上飲む人は、飲まない人と比べて死亡率が男性で1・5倍、女性では2・1倍に上る。

コーヒー愛飲家に衝撃的なデータです。

この研究データを発表したのは、米サウスカロライナ大などの研究チームで、約4万人を対象に17年ほど追跡した疫学調査の結果を米医学誌に発表しました。本当にコーヒーを飲むと寿命が縮むのか?

コーヒーと病気の関係はどこまで分かったのか?

コーヒーと健康の関係全般に詳しい国立国際医療研究センター糖尿病研究部も東京都葛飾区での住民調査で「コーヒーを飲んでいる人は血糖値が低い」ということに気づき、糖尿病と診断されていない人のうちコーヒーを週1回以上飲む人は、飲まない人に比べて空腹時血糖値の高い人の割合が小さい、つまり「正常型」の人が多いと報告しています。

詳細ページ > コーヒーと病気の関係はどこまで分かったのか?

コーヒーと言えばカフェイン

カフェインは熱を生み出すのを促す作用があり、エネルギーを熱のかたちで放出することで体内にたまった脂肪の燃焼を促進させるとみられています。しかしカフェイン抜きのコーヒーを飲んでいる場合でも糖尿病の発症率は低いとする米国の報告があり、カフェイン以外の成分として浮上したのがクロロゲン酸です。

詳細ページ > コーヒーと言えばカフェイン

コーヒーの有効成分を効率よく取り入れる飲み方

「コーヒーを飲んで運動すると、白湯(さゆ)を飲んだ場合と比べてエネルギー消費量が増え、脂肪の燃焼が促進されることがわかりました。飲んですぐ運動を始めるのではなく、カフェインが体内に吸収される時間を考え、1時間程度たってから運動を始めるのがポイントです」。

詳細ページ > コーヒーの有効成分を効率よく取り入れる飲み方


PAGE NAVI
BEAUTY > コーヒーを飲むと寿命が縮むのか?




最新の情報

女性はなぜ冷え性になりやすいのか?

BEAUTY > 冷え性 > 女性はなぜ冷え性になりやすいのか? 冷え性は...

続きを読む »


よし 今日は 小林製薬の製品を試してみよう

ピックアップ