高血圧を避けるため塩分に気をつけましょう

20070326210155

更年期と言われる40代、50代になると、血液中のコレステロールも増加し、動脈硬化が起こしやすくなっています。また、働き盛りですからストレスも多く、肥満になりやすい傾向がありますから高血圧になる人が目立ってきます。

よく言われていることですが、この高血圧の発病や悪化に塩分のとりすぎが強く影響しています。

また、更年期の手足のむくみにも塩分のとりすぎが関係しています。

塩分の多い食事を避けることが、やはり大切です。

1日10グラム以上の塩分を摂取している方は、塩分を減らす努力が必要です。

漬け物などの濃い味付けもの、魚の干物やハムなどの加工食品などは、食べ過ぎないように普段から気をつけましょう。

減塩は、塩、醤油、みそなどの調味町の使い方に慎重になることです。食卓に塩や醤油を置いている方は片づけ、その代わりに酢やレモン、スパイスなどを使うようにしましょう。

高血圧とは

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態を言います。

収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上に保たれた状態。

高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いが、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症リスクとなる点で臨床的な意義は大きくなります。

生活習慣病のひとつであり、肥満、高脂血症、糖尿病との合併は「死の四重奏」「syndrome X」「インスリン抵抗性症候群」などと称されておりましたが、これらは現在メタボリックシンドローム、メタボと呼ばれています。

高血圧は原因が明らかでない本態性高血圧症とホルモン異常などによって生じる二次性高血圧に分類される病気です。 本態性高血圧の原因は単一ではなく、両親から受け継いだ遺伝的素因が、生まれてから成長し、高齢化するまでの食事、ストレスなどの様々な環境因子によって修飾されて高血圧が発生すると言われています。

高血圧による合併症

高血圧が持続すると強い圧力の血流が動脈の内膜にずり応力を加えると同時に血管内皮から血管収縮物質が分泌されることで、血管内皮が障害される。この修復過程で粥腫(アテローム)が形成され、動脈硬化の原因となり、脳卒中、虚血性心疾患、心肥大、心不全、腎障害、動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、高血圧緊急症、食後低血圧、高尿酸血症など合併症が発生する場合があります。


BEAUTY > 更年期障害 > Featured, 食生活で症状を改善 > 高血圧を避けるため塩分に気をつけましょう

, , ,

尿病・貧血・高血圧の方必見!「白井田七|田七人参」

貧血、月経困難、不妊症、更年期障害、子宮筋腫、冷え性など女性に多い疾患は、血液成分のアンバランスと循環が悪いことが原因と言われています。

このような症状でお悩みの方へ、白井田七をおすすめします。

白井田七に使われている主原料は、「田七人参」です。

高麗人参の7倍の栄養価を持つ田七人参は血液成分のバランスを整え、血液の循環を良くすることで諸症状を解消します。

田七人参の働きには、免疫力の増加、疲労回復、精力増強などの卓効があげられますが、なかでも血液のなかの酸素の代謝を促進し、血液の滞りを治し、血液のめぐりをよくする点が注目されています。

血液サラサラ、世界が認めた白井田七 は、漢方サプリでは異例の大ヒット

「血流を良くして新陳代謝を良くし身体を基から健康にする」というのが薬用人参の作用で、現代の病気のおおもとにあるのは、その臓器への血液循環の低下が密接に関係しています。それを改善する薬用人参の中で王様と言われ、最も注目されているのが田七人参です。