‘漢方治療’ タグのついている投稿

更年期障害の漢方薬 柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

一年中風邪を引いてばかりいて困っている方。 暖かい季節でも冷房の効いた部屋に30分もいれば、すぐに鼻水が出てきてしまう方。寒い時には、朝の起き抜けから頭痛と寒気を覚え、まもなく鼻水とクシャミが現れ、...

続きを読む »

更年期の慢性的な風邪の症状とは

更年期で、慢性的な風邪の症状を感じておられる方が多いようです。 毎日、風邪を引いたようなだるさを感じて市販の風邪薬を何度も飲んでいる方。 市販の風邪薬を飲んだ一時は、体が楽になるので続けて...

続きを読む »

更年期障害の漢方薬 「当帰芍薬散」

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、体の疲れ、冷え性、貧血症状、生理不順、生理痛、生理前後の不快症状、不妊症、むくみ、頭痛、めまい、肩こり、更年期障害などに広く処方される漢方薬です。 当帰芍薬...

続きを読む »

更年期障害の漢方薬 「桂枝茯苓丸」

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、のぼせ症で頭痛やめまいをともなう場合に処方される漢方薬です。 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、血行をよくして熱のバランスを整えることで、のぼせや冷えを...

続きを読む »

更年期障害の漢方薬 「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)は、手足の冷えが強く、頭痛や腰痛などがあるときに処方される漢方薬です。 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうき...

続きを読む »

更年期障害の漢方薬 「抑肝散加陳皮半夏」

抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)は、イライラ感や不眠などの精神神経症状、あるいは、手足のふるえ、けいれん、子供の夜なき、ひきつけなどに処方される漢方薬です。 抑肝散加陳皮半夏(よっ...

続きを読む »

更年期障害の漢方薬 「加味逍遥散」

加味逍遥散(かみしょうようさん)は、冷えのぼせ、生理不順、更年期障害などに用いる漢方薬です。 漢方では血流の異常を、お血および血虚という概念でとらえます。お血は血流停滞、血虚は血流不足とみなせま...

続きを読む »

更年期障害の漢方治療

女性に多い疾患として、生理痛や生理不順などの生理にまつわるトラブル、更年期障害、不妊症などがあります。 漢方治療ではこれらを「血の道症」とも呼び、血流やホルモンバランスを整えながら、タイプ別に対...

続きを読む »